銀座ホステスのお酒日記

アラサー銀座ホステスがおいしいお酒を求めて、日々飲み比べ。

臭いものにはもっと臭いものを。笑

この間から体を張って実験中の、ピエダングロワ先生はどこまで寝かすとベストなお味になるのかというチャレンジがいい感じに仕上がってきて、たぶん今が一番の食べごろ。

f:id:nya-ring:20160723235142j:image

久々にゲットしたソルティライムソーダで割ったジンと楽しんでいたのだけど、あんまりおいしくてあっさり飲み切ってしまったので、これまた久々にアブサンを召喚。f:id:nya-ring:20160723235147j:image

アブサンって、小学生の頃にハマっていたエッセーの主人公の猫の名前でなんか思い入れがある。捨て猫だったかなんかで猫を飼うことになったけど、声がしゃがれていたからアブサンで酒焼けした女みたいだななんて理由でそんな名前を付けたとか言ってたかな?

アブサン物語 (河出文庫―文芸コレクション)

新品価格
¥497から
(2016/7/23 23:57時点)

そんなこんながあって私的にオトナになったら飲んでみたいお酒ナンバーワンだったし、飲んでみて味にびっくりしたお酒ナンバーワンでもある。スライムをほうふつとする緑色に、お砂糖を落とすと急に白っぽく変わる感じとか、甘ったるくて苦い味とか気それこそ気まぐれな猫って感じ。f:id:nya-ring:20160723235151j:image

くさいチーズに独特の香りがマッチして、かなりクセになる組み合わせでした♪

アブサント 55度 700ml

新品価格
¥3,075から
(2016/7/24 00:08時点)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村